2016年09月29日

Bangkok 2016.07 撮影記 17

20160716_GX7_30558.jpg


(2016年07月に訪泰した撮影旅行にまつわる過去の話です)

モタサイに乗ってカーハ・ファターナまで来ました。

この町に来るのは2回目です。前回、5月に初めて訪れた経験があるので、ある程度土地勘もありバイクタクシーとのやりとりもバッチリ決まりました。いよいよ今日の撮影開始です。

町の真ん中に大きな通りがあって、そこに商店などが集中しています。その大通りの両側に住宅が奥へ向かって広がっています。住宅と住宅の間はそれぞれ細い路地になっていて、何本もあるその路地に入って撮影をすすめます。

路地の中は生活感が漂っています。何人かの子供たちが遊んでいて、僕が写真を撮っているともの珍しいのか僕の後ろをぞろぞろと付いてきました。テレビなんかでどこか奥地の村に行くとそういう光景が流れますが、正に自分が今そんな状況になっています(笑)。さらに犬まで付いてきました。もうなんて言うか楽しいです。

何か作業をしていた家族にカメラを向けると、お母さんらしき人が「ほら写真だよ〜」とか言いながら家族を並ばせてこちらに笑顔を向けてきます。人懐っこい人達で、僕も自然と笑顔になってしまいます。

そんな中を1時間半ほど撮って、エカマイまで戻ることにしました。本当はもう少し粘って撮ってもいいかなと思ったのですが、この日も気温は35℃くらいでこのまま続けると熱中症の危険があります。ここは欲張らないで、体調管理をしながら撮影をしないといけません。

(続く)
posted by kbox at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Bangkok2016.07

2016年09月28日

Bangkok 2016.07 撮影記 16

20160716_GX7_30392.jpg


(2016年07月に訪泰した撮影旅行にまつわる過去の話です)

今日の撮影地、カーハ・ファターナまで行くためにバイクタクシー(モタサイ)に乗ることにします。

モタサイは、バイクに二人乗りするタクシーです。後ろに乗るお客はノーヘルです。有名なバンコクの渋滞の中を縫いながら走って行きます。遊園地のジェットコースターに飽きた方にはお勧めしたいと思います。でも普通の観光客の人は乗らないでください(笑)。

そう言いながら、僕は乗っているわけですけどねw。でも本当に怖いです。もちろん現地の人は平気な顔して日常の交通機関の一つとして乗っているわけですが、日本じゃあり得ないです。

エカマイ駅の下で客待ちをしているモタサイの運転手にiPhoneのGoogle Mapを見せながら行き先を説明します。僕が行きたい場所の少しさきの地点の建物の名前を見つけ「分かった」といいバイクに乗るように指示されます。僕が乗ると「料金は40Bだけどいいか」と聞いてきたので「OK」と答え出発します。

このやり取りは、相手はタイ語、僕はなんちゃって英語ですが会話が成り立ってしまうのが面白いです。もちろん細かい話は無理ですが、この程度なら相手が言っていることが理解できてしまうものなのですね。

バイクが走り始めて10分くらいで目的地に着きました。運転手は先の建物を目指しているので、僕は途中で「ここでいいよ」と運転手を止めます。運転手はバイクを停め「ほんとにここでいいのか、建物はもっと先だ」と言うので「ここでOK」といい40Bを渡しました。

(続く)
posted by kbox at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Bangkok2016.07

2016年09月27日

Bangkok 2016.07 撮影記 15

20160716_GX7_30291.jpg


(2016年07月に訪泰した撮影旅行にまつわる過去の話です)

2日目の朝が来ました。

前日に買ったパンとヨーグルト、トマトジュースで朝食を済ませます。

今日向かう町はカーハ・ファターナ?です。実は読み方が解からなくて、このカタカナ表記は間違っているかもしれません。タイ語に併記されているローマ字をタイ語の発音に合わせて読んでみたものです。

この町のこともよく解かっていません。たぶん、タイのネイティブではなくてミャンマーとかの方からの流民の人達の町ではないかと思います。

そう思う理由は、顔や体に塗った白い化粧?から推測しています。

なぜ何も分からない町かといえば、google map と google earth で見つけた町だからです。それだけを頼りに前回5月に一度訪れています。

先ずは、撮影に出るための準備をします。カメラはいつものGX7、これに14-140mmの高倍率ズームを付けて32GBのメモリーを数枚と予備バッテリーを2個持ちます。これが、だいたいつものスタンダードな機材です。

顔、首、腕、足、露出しているところ全部に日焼け止めを塗ります。

ホテルを出ると屋台で食事をしている人たちが居ます。その脇を通り抜けてプロンポン駅に向かいます。行き先は2駅先のエカマイ駅です。ここからバイクタクシー(モタサイ)に乗ってカーハ・ファターナまで行く予定です。


(続く)
posted by kbox at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Bangkok2016.07